サイトマッププライバシーポリシー

補強土植生のり枠工 GTフレーム工法
工法紹介

 

 

 

 

 

概要

 
概要

全面緑化できる新しい吹付のり枠工

補強土植生のり枠工「GTフレーム工法」は、補強盛土工法などで用いられるジオシンセティックス(ジオグリッド、短繊維)の特性を利用した新しい吹付のり枠工法です。
新しい発想のもとに生まれた“柔構造”のり枠によって、ねばり強くのり面・斜面を守るとともに、のり枠面を含む全面緑化が可能となるため、自然と調和した緑豊かな景観が創造できます。

 

GTFM
建設技術審査証明事業(土木系材料・製品・技術、道路保全技術)
 建技審証 第0902号 (一財)土木研究センター

 ※審査証明はイビデングリーンテック(株)にて取得しました。

NETIS登録: CB−070019−VG
『平成30年度 推奨技術(新技術活用システム検討会議(国土交通省)』
『活用促進技術』
 

【適用範囲】

のり面・斜面における表層部の侵食防止

生育基盤の安定および生育環境の整備
のり面・斜面における表層すべりの抑制
(すべり深さ0.5〜1.5m程度、すべり長さ4.0m程度まで)
のり面勾配  1:0.5〜1:2.0程度
(安定したのり面勾配とする)
対象土質
砂質土、粘性土、礫混じり土、軟岩

 

【特に適用の効果が高い現場】

全面緑化による景観保全を重視する現場

急傾斜地等の狭所で材料運搬などの作業が制限される現場
早急なのり面・斜面対策が必要とされ、工期短縮が要求される現場
【環境1:CO2削減】
CO2排出量を減らした「省エネ型工法」
建設資材の中でセメントや鉄は、大量の熱エネルギーを消費して製造されます。本工法は、従来工法に比べて、こうした資材の使用量が少なく、施工性が格段に向上するため、CO2排出量を大幅に削減できます。

資材製造時から施工時におけるCO2排出量(概算推定値)の比較

 

【環境2:廃棄物削減】
ゴミ(廃棄物)を減らして「eco」

GTフレーム工法の吹付材は、植物の生育が可能な改良土であるため、シート養生やリバウンドロス除去が不要で、従来工法に比べて余分なゴミを出さず、廃棄物発生量を大幅に削減することができます。

 ●従来工法(モルタル吹付のり枠工)

 

 モルタル殻、シート材が廃棄物となります
GTフレーム工法

余分なゴミ(廃棄物)を出しません

 

【環境3:美観・景観性】
全面緑化によって緑豊かな景観を創造

短繊維混合補強砂で造成されるのり枠構造は、植物の生育が可能であるので、のり枠面を含む全面緑化が可能となり、自然と調和した緑豊かなのり面・斜面を造成でき、景観性が向上します。

植物の生育性

短繊維混合補強砂で造成されるGTフレームのり枠は、植物根系の伸長が可能で、植物が生育できる環境となります。

 

 植物根系の伸長状況

土壌硬度25〜30程度


 

全面緑化

GTフレーム工法は、のり枠面も含む全面的な緑化対策が可能であるため、緑豊かな美しい景観を創造します。

 

全面緑化により、周辺環境と調和した景観形成が可能です。

 



【性能1:力学的特性】
ひみつは2種類の短繊維とジオグリッドの組み合わせ

ジオグリッド「GTフォーム」と短繊維「GTファイバー」を混合した改良土(短繊維混合補強砂)との組み合わせは、柔なのり枠の構造部材として、ねばり強くのり面・斜面を守ります。
 

短繊維混合補強砂の力学的特性
太さ・長さの異なる2種類の短繊維を選定・コンポジットし、改良土に混合することで、ねばり強さやせん断強さなどの強度特性が向上します。 豪雨等に対する耐侵食性についても高い効果が確認されています。

短繊維の効果


ジオグリッドの力学的特性
短繊維を混合した改良土とジオグリッドを組み合わせた複合材料とすることで、のり枠形状を拘束する効果が働き、強度特性を向上させ、ねばり強い柔構造のり枠となります。 短繊維とジオグリッドの相乗効果

 

【性能2:施工性の向上】

軽量・シンプル・コンパクトで抜群の施工性
使用材料が軽量・コンパクトであるので、狭所での運搬や急傾斜地での作業が容易となり、施工性が向上し、安全作業にも貢献します。大幅な工期短縮も可能です。施工機械は通常使用している吹付プラントで施工が可能です。

扱いやすい材料です
長尺・重量物となる鉄筋や金網型枠等を使用しないので、運搬が容易、斜面上での取扱いが容易で、施工性は抜群です。

施工スピードもアップ
シンプルなのり枠構成により、施工能率が格段にアップ。
大幅な工期短縮が可能です。

高所・長距離も吹付可能
吹付材は、圧送性や吐出性が良好な改良土を使用するため、高所・長距離でも施工が可能です。高所・長距離のモルタル吹付で必要だった専用機械や仮設対策などが省略でき、施工性の向上、コスト縮減にも貢献します。

高所での施工事例(直高約100m)

 

【性能3:コスト縮減】  

ムダを省くことでコスト縮減を実現
軽量でシンプルなのり枠構成は、施工能率を格段にアップするとともに、廃棄物処理に必要な作業や処理費を省略でき、施工コストを削減することができます。

 

【性能4:優れた耐久性】

耐久性に優れた材料で性能を確保
使用する材料は、耐候性・耐薬品性などの耐久性に優れるものであるため、従来のモルタル吹付のり枠などで懸念されていたひび割れの発生による鉄筋の腐食などの問題がなく、一般的な使用環境下では長期にわたって耐久性に優れた工法として機能します。

ページの先頭へ

 

 

標準規格

標準図

標準図
△拡大表示

 

改良土吹付 標準配合

改良土吹付 標準配合

ページの先頭へ
 

 
 施工方法


 

ページの先頭へ
 
 
審査証明
建設技術審査証明を取得

本工法は、 (一財)土木研究センターの建設技術審査証明事業(土木系材料・製品・技術、道路保全技術)において、建設技術審査証明を取得しました。
建技審証 第0902号
※審査証明はイビデングリーンテック(株)にて取得しました。
 

技術名称 :GTフレーム工法®
(ジオグリッドおよび短繊維混合補強砂を用いたのり面表層保護工)
証明番号 :建技審証 第0902号
審査機関 :(一財)土木研究センター
審査証明依頼者 :イビデングリーンテック(株)

証明内容の詳細については、こちらのページをご覧ください。

 

ページの先頭へ

 

Copyright (C) 2009 補強土植生のり枠工協会. All Rights Reserved.